妻が妊娠! 私が「兼業主夫」でよかったこと、不安だったこと。

妻の妊娠が判明しました! 妻は会社員。私は家でできる仕事をしている兼業主夫です。妻が妊娠したことで、私たちの生活やバランスはどう変わっていくでしょう? 最近はパソコンさえあればどこでも仕事ができる時代となり、「主夫」となっている男性も多くなってきたと感じています。そんな主夫の皆さんの参考になれば幸いです。

妊娠中の妻の仕事ぶり。大変そうだった?

      2016/03/08

夫婦共働きの我が家は、妻が妊娠をしても産前5週前まで仕事を続けていました。それ以外の方法はもう退職しかなく、産後も子育てをしながら仕事を続けたいという妻の意向を尊重し、結構ギリギリまで仕事を続けました。

仕事

最後の方にはかなりお腹が目立っていましたが、なぜか職場では

「最近ちょっと太った?」

くらいしか言われなかったそうです(笑)。

なかなかの激務で、重たい物も運んだりすることもある業務内容なのですが、よく最後までやったなとひたすら感心しました。夕方に仕事から帰って風呂に入った後は、じっと床に転がってダラリとしたままの日も多くありました。

職務上なかなか重要なポストに就いていたようで、妊娠を職場の上司だけでなく全体に告知した上での最後の数日は引き継ぎや荷物の一時的な引き上げなどで、かなり遅い時間に帰ってきました。

そして、ようやく産休に入って家でノンビリできるようになってから、妻の性格が一変しました。

産休初日の朝、ゆっくりと起きてきて優雅な朝食。朝のニュース番組を見ながら、

「ああ、これから1年以上も休むことができる!嬉しいわ~!」

と満足気な笑みと一緒にこぼしたのです。やはり、産休に入るまでは一切弱いところを見せていませんでしたが、かなりキツかったようです。

ただでさえ激務なのに妊娠で日々重くなるお腹・・・。いつも通りの仕事をこなすことでさえも、毎日じわじわと疲労度合いが大きくなっていたことと思います。今では

「このまま育休でいたい。仕事に戻りたくない!」

と嘆いています(笑)!

当初はあんなに、

「子育てしながら仕事も続ける!」

と豪語していたんですけどねぇ・・・。

 - 未分類