妻が妊娠! 私が「兼業主夫」でよかったこと、不安だったこと。

妻の妊娠が判明しました! 妻は会社員。私は家でできる仕事をしている兼業主夫です。妻が妊娠したことで、私たちの生活やバランスはどう変わっていくでしょう? 最近はパソコンさえあればどこでも仕事ができる時代となり、「主夫」となっている男性も多くなってきたと感じています。そんな主夫の皆さんの参考になれば幸いです。

妻が妊婦検診へ。旦那としてついて行く? 行かない?

      2016/04/21

妻の妊娠が発覚。そこから病院選びや妊婦検診など大忙しの日々に突入するわけですが、なぜか我が家ではそういう慌ただしさは皆無で、初産でお互い初めての子供であるというのに、旦那である私は何もしませんでした。というのも、妻の方にはしっかりとビジョンがあるようで、

「前から出産経験のある職場の同僚達から病院の評判を聞いていた!
その中でも一番評判の良い病院はここだ!
だからここで産む!
ここに全てを任せる!」

と言われてしまい、旦那である私はただただ

「うん。分かった。」

としか言いようがありませんでした。まぁ、そこまで入念に調べているのであれば、旦那
が思い付きの意見を出しても即否定されて終わるだけです(笑)。こういう場合は

「うん。分かった。」

が最高の返事でしょう。

さて、妊婦検診ですが、いつも妻は日程を教えてくれません。自分で車を運転して病院まで行き、終わったらエコー写真や診断結果などを持って帰って来て、私はそこで初めて妊婦検診の日だったことを知ります。言ってくれれば車の運転くらいしたのに、あまり頼ってはくれません(苦笑)。妻としては

「基本的に自分で出来ることは人に頼らないし、検診を受けるのは自分なのだから旦那が一緒にいても邪魔なだけ!」

という考えで、さらにこんなことも言われました。

検診

「産科の待ち合い室には多くの妊婦さんや赤ちゃんを抱いたお母さん達がいる。
その空間に男性が入ること自体をストレスに感じる人もいるから、あなたは来なくていい・・・
いや、来るなっ!」

と・・・。それを聞いた時は、

「周囲にまで気を遣える余裕があるなら、自分が付いてなくても大丈夫だな!」

と思いました(笑)。

ということで、結局、旦那である私が産科に足を踏み入れたのは、出産するその日が初めてということになりました。

 - 未分類